スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お引越し。

※お知らせ※

お越し戴きありがとうございます。
夏 瞳のblogは、この度アメブロへとお引越しさせて戴きました。

新規blogのアドレスはこちらです。
ひとつの星を見ている

今後とも、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
スポンサーサイト

『Na-Ni-Ka』



ずっと見ているのに分からないものがある

見つめれば見つめるほど困難になり

いずれ気付く

目ではダメだと


* * *


2016年10月20日木曜日 3回目となる
アド リビトゥム ライブ パフォーマンス『Na-Ni-Ka』を観て
(企画/演出 如月愛)http://www.heart-to-art.net/nanika.html


私にとっての始まりは一冊の本

「夏さん、星の王子様のフランス語の対訳本を持ってないですか?」

如月愛さんからメッセージが届く
次は星の王子様か…!ぱっと辺りが明るくなったような気がした
あいにく対訳本は持っていなかったのだけど
大好きなお話なのでつい嬉しくなってしまい
すぐにアマゾンで購入し彼女のもとへ送った

「大切なものは目に見えない」
彼女の心に響いたこの言葉に光が射す


* * *


mutsumi0.jpg

開場した始めからすでに
中央で横たわる舞踏の睦美さんを見た時
その気配の消し方からすぐに本物だと分かった

そして闇の中
藤田三保子さんの「声」で始まる
一本の槍のように飛んで来て「軸」を創る
(※星の王子様の一節がフランス語で流されました)


パフォーマンス半ば
睦美さんが上半身何もまとっていないことに気付いたその時
裸はまだ早いのではないかと正直不安が走った

その姿は完全なる植物
植物が意味する無意識としての生命
それは宇宙に繋がる

宇宙と
ただ一人

愛さんの挑戦と覚悟か

けれど次第に
息を呑んで見守る心境が一変する



aimutsumi1.jpg


分からないものを泳がせる勇気
感覚を呼び起こす為の
儀式であって決して儀式ではない
それは人が人のまま
何処まで回帰できるかという試みでもあり
源泉を覗く行為だった



aimutsumi2.jpg


彼女の野生を解放させる「見せ方」が
見事にその静けさと対峙する

背中合わせの会話が生まれる
一対一ではない会話だった
それは完全に 一 対 宙 だ

きっとサンテグジュペリも
この光景を見たに違いない


砂漠の中で
今回の彼女の情動は
生きることにそのまま直結していたような気がしてならない

銀色のパッションと
睦美さんの神聖

共存そして共演

波紋音の演奏家でも知られる
永田砂知子氏という手練れが
生まれた世界から純度の高い空気が逃げないよう
場を俯瞰で読み取り音で守る

不純物を沈殿させ
上澄みの音で呼応するトランペットの小西徹郎氏

プロだな と感じた

そうして出来上がった中で
玄人でも素人でもない
表現者である如月愛が
存分に遊ぶ



hikouki.jpg


愛さんは素晴らしい遊び手で
彼女がよく遊ぶと空間が笑うのだ
その刹那はとても美しい



bousi.jpg

あっという間のパフォーマンスだった
照明や舞台の細部にまで目をやるときりがないので
せめて心に焼き付いたことだけでも
メモ代わりに記しておきたかった


* * *


kakera.jpg


後日
愛さんから送った本が戻って来た
一部分がマスキングテープで剥がれてしまったと
お詫びの手紙が添えられていた

そして剥がれてしまった「一節」と
パフォーマンスで生まれた「欠片」を使って
ひとつの作品を仕上げ贈ってくれた


ai.jpg


自然に対する畏怖の中に
一滴の露を求める切なさを
私はいつも彼女に感じる

どんなに激しく時化ても
それは宇宙の向こうであって
誰も傷付けず
ただ懐かしく
ただ新しいのだ

生命の新しさと穢れを
背負いながら生きる
彼女の生々しい線が私は好きだ

未知の可能性を秘めた彼女は
未知なまま飛躍する「詩」に包まれている

どうかこれからも
名前のつけられない水を
飲み続けて欲しい


生まれた「Na-Ni-Ka」に感謝を込めて
2016.11.5 夏 瞳

詩集『灑涙雨』発刊


IMG_5155.jpg


およそ二年間の制作期間を経て、詩集『灑涙雨』無事にリリースすることが出来ました。
本が出来上がるまでに起こった様々な出来事、新しく生まれた繋がり、
随時ここで書き記しておくべきだった、と後悔する程に、胸の中はパンパンです。

関わって下さった皆様方に感謝を。

現在、神楽坂「かもめブックス」さまでも、お取り扱いして頂いております。
詩集の平積みなんて、本当に珍しいこと。

ドキドキしながら、シャッターを切りました。
お近くの方はどうぞ立ち寄ってみて下さいね。

素敵な本屋さんです。


表紙のお話。


たまたまネット上でその神秘的な画像を見た時、「コレだ!」と直感した。
なのに、「コレ」が何なのか分からない。
でもどうしても、その画像を詩集の表紙に使いたくて、頭を抱える。
どんなキーワードで検索しても、その画像の出所が分からないのだ。

画像には、ただ、「地球館」とだけコメントが添えられていた。
地球館……?どうやら博物館に展示してあるらしい。
その手掛かりだけを頼りに、上野へ向ったのは昨年九月のこと。

上野の国立科学博物館を端から端までくまなく探しまわり、
もうダメだ、と諦めかけたその時、
ようやくその画像を発見することができた。

奥まった一画だった。
等身大のモノクロ電子パネルに、探し求めた「コレ」が光っている。
あった!と思わず声を上げて駆け寄る。そこには意外な名前が書いてあった。
「放散虫」。ほうさんちゅう?え??むし?虫なの?目が点になる。
よくよく説明を読むと、なんとそれはプランクトンの微化石、というのだ。

放散虫の詳細はウィキに任せるとして、
今日はエルンスト・ヘッケルが描いたその美しい生命の形を一枚載せておく。
いや、もう溜息…。

housan.gif


博物館を後にして、画像のクレジットから所有者の方を探し出し連絡を取る。
有難いことに、突然の申し出を快く承諾して下さった!

そうして表紙を、貴重な放散虫の画像で飾る事が出来た。
これがもう、本当に美しい。
いよいよ、詩集完成が楽しみになってきた。


七夕の日に



新しい詩集の制作に追われている。
先日、無事に入稿が済み、なんとか山場を越えたものの、
まだこの目でカタチを見るまでは何とも落ち着かない。

それでも、美しい本になることは間違いない。
そう確信している。

発刊日は、七月七日、七夕。
雨でも構わない。
心身ともに潤う、美しい夜になるといい。

プロフィール

夏 瞳

Author:夏 瞳
シテキナルモノ を、
書こうとする人です。
音符にも言葉を、
のせたりします。

web site「優しい卵」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。